林 祥太郎のギターブログ

風に向かって立つライオンでありたい♪

"AGA" 阿蘇ギターアカデミー

実はクラシカルギターコンクールの直前まで九州にいました。
「阿蘇ギターアカデミー」という九州のギタリスト池田慎司先生主催の講習会です。略して"AGA"
講師は池田先生と富川勝智先生。沢山写真を撮ってきたのでアップしてみます。

宿泊施設はこんな所です
P1010859.jpg

近くのお花畑。大自然な感じが伝わってきませんか?(笑)
P1010847.jpg

こちらは直ぐ近くのチャペル。
P1010849.jpg

内部。
凄く響きが良くて一日中弾き放題。
夜には九州のギタリストの方々によるコンサートもありました。素晴らしかったなあ
P1010858.jpg

これまた直ぐ近くの池にて。お気に入りの一枚です。キュートです*^^*)
P1010862.jpg

マスタークラスの様子。左は講師の池田慎司先生。
P1010874.jpg

お楽しみのBBQ!
P1010901.jpg

コンサートにもちょっとだけ出演させて頂きました。
1c457015-s.jpg 1fb991f4-s.jpg
富川勝智先生とのデュオの様子      こちらは尾野桂子先生

なんとなく雰囲気伝わったでしょうか?

個人レッスンやアンサンブル講座、若手、講師コンサートなどなど盛りだくさんの内容で、特にアンサンブルの講座は大変良い勉強になりました。また九州のギタリストの方々からも沢山の刺激を頂き、参加できて本当に良かったです!充実した4日間でした。
先生方はじめスタッフの方々もお疲れ様です。九州は少し遠いけど、これから先もお付き合いして頂けたらと思います。

阿蘇は昔福岡に住んでいた頃よく訪れていたのでとても懐かしかったです。
そういえば講習会の前日に阿蘇の大観峰に寄ったところ、髭男爵の山田ルイ53世と安めぐみさんがロケをやってました。

なんだか髭男爵も懐かしかった。ルネッサーンス…
うーんやっぱり懐かしい響き…
⇒home

スポンサーサイト

あづみ野ギターアカデミー

先日"あづみ野ギターアカデミー"というクラシックギターの講習会に初めて参加してきました。
この講習会はプロアマ問わずクラシックギターをこよなく愛す人々が集まり共に勉強し、ギターの奏法、表現法を学ぶという主旨のもと毎年開催されており、今年で3回目になります。

講師に富川勝智先生、池田慎司先生を迎えた個人レッスンを始め、音楽表現法に関する座学、またそれを踏まえた上でグループ別アンサンブルでの研究とその成果発表等々、盛りだくさんの内容でした。

何といっても今回の目玉はアンサンブルで学ぶ音楽の表現法。
ソロの為に書かれた曲をそれぞれ3つのパートに分け、3人1組のグループで自分達なりの表現や解釈をその曲の中で具現化し、一つの音楽を作りあげる。
その為にはリズム、和声、旋律、テンポ、強弱など音楽の基本的表現を学ばなければなりません。
そういった意味では今回の講習会は音楽表現に関する最初の導入部分を理解することが目的でした。
人間が先天的に持つ感情が無意識だとしても、一定の方向性を持つように、リズム感や強弱感、高低感、和音感など
音楽に関しても自然と知覚され認知しているものがあるはずです。
そのような観点からいわゆる認知心理学的なアプローチとともに音楽表現の組み立て方についての理解を深める
という非常に濃い内容でした。

「経験や勘に頼らず、自力で楽譜から音楽を読み取りそれを表現すること」これは本当に難しいことです。まだ理解が不十分な箇所もありますが今回の講習会のおかげで音楽表現を考える上での新たな糸口を見つけることが出来ました。

では写真をちょっとご紹介↓↓

画像-0023
"前夜祭"アルシエロでのリハです。左から池田慎司先生、池田国昭巨匠(マンドリン)、富川勝智先生
マンドリンってこんなに素敵な楽器だったとは思っていませんでした!

MEMO0038.jpg
さあ本番。細長い会場なので先生たちは見えません…

MEMO0048.jpg
宿泊場所のログハウス。本館も近くにあります。

MEMO0051.jpg
いい雰囲気。ああ~木に囲まれとる(~-~;)\(-_-;)

MEMO0052.jpg
富川先生レッスン中。

MEMO0044.jpg
池田先生レッスン中。

無cut
誰かさん黄昏中。

先生方のコンサートを聞いたり、レッスンを受けたり、"じょーと走ろう"という謎の企画(ただ走るだけ)に参加してみたり…安曇野という自然に囲まれた環境の中で大勢のギター仲間と過ごす4日間は大変有意義で多くの刺激になりました。今から来年が楽しみです。

⇒hmoe

該当の記事は見つかりませんでした。